バイアグラというED治療薬はご存知の方も多いでしょう。しかし、いざED治療薬を使うとなったら、病院へ行かないといけないのか?いえ、そんなことはありません。ED治療薬は通販でも簡単に購入することが出来ます。ただし、注意点として、偽物を取り扱っていない信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。詳しく見ていきましょう。

中折れならレビトラで改善

落ち込む男性

中折れする人は血行促進作用のあるレビトラで改善させてください。
バルデナフィルを有効成分とする薬剤で、優れた即効性があるのが特徴です。
薬価は1700円~2000円程度となり、クリニックによって差があります。
中折れが気になる人は加齢の問題のほかに運動不足やストレスが関係していることが多いです。
動脈硬化が進行するほど中折れのリスクは高くなるので、肥満を予防することは必須となります。

レビトラはメンタルには作用しませんが、優れた即効性により下半身を30分程度でギンギンにしてくれます。
セックスが成功することで緊張がほぐれると、次回から中折れしなくなるかもしれません。
下半身はメンタルの影響を極めて受けやすいので、緊張しながら性行為に望むのはよくありません。
適度な緊張ならプラスに働くことがありますが、過度に緊張すると立たなくなる可能性もあります。
挿入前はギンギンに硬くなっていても、挿入後に折れてしまうようだとセックスは成功しません。

セックスには必ずパートナーがいるので、自己本位のセックスを続けていると嫌われてしまいます。
今は中折れ解消に役立つ治療薬があるので使わない手はないでしょう。
レビトラは特に即効性があり、空腹時は素早く作用してくれます。
空腹時だと15~20分で勃起力アップが期待できるため、なるべく空腹時または食前に服用するのがおすすめです。
食前に服用する場合は1時間前くらいが好ましく、効果を確認してから食事を摂りましょう。

中折れが継続するとコンプレックスとなり、セックス自体がストレスになってきます。
女性から避けられるようになったら、中折れが原因かもしれません。
レビトラを服用することで下半身の血流障害を一時的に改善し、ペニスをギンギンにしてくれます。
性欲に連動するように勃起してくれるので、中折れするリスクが大幅に減少するでしょう。
レビトラを服用しながら普段の生活で運動不足を解消していけば、緊張やストレスを解消して心身のバランスを整えることができます。

中折れの原因について紹介

セックスの最中に勃起が弱くなってしまう、いわゆる中折れはなぜ起こるのでしょうか。
中折れの原因は主に精神的なものと肉体的なものがあります。
精神的な原因では、ストレスや悩みごとがたまっていたり、緊張のし過ぎなどが考えられます。
ストレスや悩み事を抱えていると、そのことが脳裏をよぎってセックスに集中できなくなってしまいます。

すると途端に勃起力は弱まってしまうわけです。
男の体は思っている以上に繊細なのです。緊張のし過ぎも同様によくありません。
パートナーを喜ばせなければならないと焦ると、逆に身体が言うことをきいてくれなくなるものです。
肉体的な原因として考えられるのは、疲れていたり、体力がもたなかったりすると途中で中折れしてしまうことが少なくありません。

性欲よりも休みたいという欲望のほうが勝ってしまうわけです。
この他にも、お酒の飲みすぎやマスターベーションのし過ぎ、運動不足なども原因となりますし、セックスがマンネリとなり性欲がわかなかったり、コンドームのゴムがキツすぎるのも良くありません。
これらの原因として考えられるものを改善していけば、中折れをある程度は防ぐことができるでしょう。

しかし、これらの原因として考えられることを改善しても、中折れが頻繁に起こるようなら、別の方法で対策を考えなければなりません。
おすすめなのはバルデナフィルを主成分とし即効性のある勃起不全治療薬レビトラの服用です。
完全な勃起不全ではなくても、レビトラを服用することでより勃起の持続力が高まり、満足のいくセックスライフを送ることができるようになるでしょう。
なおレビトラの薬価は決められていないので、保険適用外の自費診療となります。

関連記事