妊娠線

妊娠線を消したいときに絶対やっておきたい予防法と産後ケア

妊娠線は「念願の赤ちゃんが宿った証」とは言え、気になるから消したいと思う人は少なくありません。

妊娠線が目立つ人もいればそれほど目立たない人もいて、個人差はあります。

妊娠線を予防する方法や、出産後のケアで良い方法はないのでしょうか。

実は、目立たなくする予防法や産後のケアなどもいくつかあるので、解説していきます。

妊娠線とはどういうものなのか

どうして妊娠線ができるのかが分かれば、予防法も見えて来ると思います。

どのようなメカニズムで妊娠線ができるのかを知っておきましょう。

妊娠線は妊娠13~21週辺りで出てくることが多いのですが、お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られた亀裂として現れます。

ピンク色や赤紫や赤い色の線が、お腹や太ももやお尻や胸や腰に出ます。

遺伝的な要素も多少あると考えらえれていて、母親が妊娠線が目立った場合はその娘も目立つ傾向があるようです。

色黒の人はできにくく、色白の人の方ができやすいのですが、色白だと余計に目立ちやすいということも影響しているのでしょう。

妊娠中に体重が急激に増加することも、妊娠線ができる大きな原因の1つです。

妊娠線を消したい人のための予防方法

妊娠中の妊娠線を100%完全に予防する方法は、「残念ながら今のところ無い」と言っても良いでしょう。

しかし、程度を軽くすることは可能です。

妊娠腺を消したいなら急激に体重を増やさない

体重が急激に増加すると妊娠線が出やすいので、体重の増加を緩やかにすることが大切です。

妊娠中の健康管理でも重要なことです。

妊娠線が出やすいのは、つわりが治まって食欲が出て来た頃です。

この時期に、今までつわり食べられなかったものを一気にドカ食いして急激に体重が増えると、妊娠線もできやすくなるのです。

妊娠線ができやすい13週から21週頃は、

  • 今のうちに色々な所へ行っておこう
  • 今のうちにベビー用品も買って置いた方がよいだろう

と何かとお出かけすることも増える時期です。

出かけたら美味しい物を食べて帰るのが習慣んとなっている人も多く、急激に体重を増やしてしまう人も少なくありません。

「これは赤ちゃんの分なの」という人も多いようですが、赤ちゃんの分まで2人分も食べる必要はありません。

一般的には妊娠初期で、妊娠していない成人女性よりもプラス50キロカロリー、妊娠中期の16週頃から27週頃でプラス250キロカロリー、妊娠後期でプラス450キロカロリーと言われています。

妊娠15週目くらいまでの妊娠初期は、わずかプラス50キロカロリーでOKなのです。

50キロカロリーは、ご飯なら子ども用のお茶碗に3分の1杯分(30g)程度、食パンなら8枚切り2分の1枚分なので、あとひと口か2口増やす程度でOKです。

妊娠後期はプラス250キロカロリーですが、ご飯だと大人用のお茶碗1杯(150g)分、食パンだと4枚切り1枚分なので、少し増やす程度になります。

妊娠前から肥満気味だった人や肥満だった人は、この限りではありません。

むしろ食べ過ぎないようにするのがベターだし、中にはダイエットをするようにと指示されることもあります。

この辺りの事は、助産婦さんや産婦人科医や栄養士の指導に従ってください。

この時期に「赤ちゃんが欲しがっているから」などと、スイートなどを沢山食べるのは良くありません。

体重が増える一因となるだけではなく、妊娠線ができやすい一因にもなります。

そして、赤ちゃんには、ケーキや清涼飲料水やタピオカなどの砂糖がたっぷり入ったおやつは甘すぎます。

赤ちゃんは、そのようなスイーツ類やジュースや清涼飲料水などは一般的には欲しがらないはずです。

誕生日や結婚記念日などの時にケーキを1個食べる程度はかまいませんが、日常的に洋菓子を食べるのは控えたいものです。

逆にしっかりと摂りたいのが、野菜です。特に緑黄色野菜をしっかりと食べるようにしましょう。

明確な医学的エビデンスは得られてはいませんが、ビタミンCをたっぷりと摂ると妊娠線が目立たなくなる、と言う医師も多いです。

野菜を毎食1皿(小鉢1つ)は食べるようにして、果物もキウイフルーツやグレープフルーツなどの糖質が少なくてビタミンCの多い物を1日に100gくらい摂ると良いでしょう。

緑黄色野菜に多いカロテンには皮膚粘膜を強く丈夫にする作用があるので、これも十分に摂ることをお勧めします。皮膚が強いと、引っ張られても裂けにくいので妊娠線を軽減することに繋がります。そして風邪の予防にもなるでしょう。

妊娠腺を消したいなら保湿も重要

乾燥している土が割れしやすいのと同様に、乾燥した肌も割れやすくなります。

保湿クリームなどで保湿しましょう。

乾燥によるかゆみ対策にもなるので、一石二鳥です。

妊娠腺を消すためにマッサージをおこなう

お腹のマッサージも良いと言われています。

手の平にクリームを取って「の」という字を書くように優しく右下から上をなでて、右から左へ、そして左上から左下へとゆっくりとマッサージしましょう。

妊娠線が消えるというほどの物ではないし、医学的に確実なエビデンスはありませんが、便秘の予防にもなるし少しは妊娠線が目立たなくなると言われています。

但し、お腹を刺激しない方が良い人もいるので、主治医に相談のうえで行ってください。

妊娠腺を消すための産後のケア

出産すれば、妊娠線は目立たなくなって徐々に分からなくなります。

あなたのお母さんのお腹には、まだ妊娠線が残っているでしょうか。

妊娠線はもう消えている、と言うお母さんも多いと思います。

ちなみに私は男の子を1人出産していますが、お腹の妊娠線はいつの間にか消えてしまいました。

いつ消えたのかは覚えていません。

赤みが消えて白っぽい色になって来たことは覚えているのですが、いつの間にか目立たなくなって消えた、という感じです。

妊娠中は「なりふり構っている暇もなく、髪を振り乱して子育てしています」などとよく言われますが、お腹の事を気にしている暇がなかったからいつ消えたのか分からない、と言うのが正解でしょう。

どうしても綺麗にしたい人は、美容外科や美容皮膚科で妊娠線修復クリームを処方してもらったり、お金に糸目をつけないという人はレーザーを当てて綺麗にするという方法もあります。

妊娠腺を消したい人のための予防法-まとめ

妊娠線は急激に体重が増えるとできやすい、乾燥した肌にできやすいという傾向があります。

したがって、急激に体重を増やさないということがまず第一に重要なことです。

これは妊娠線の観点からのみならず、妊娠中の健康管理の観点からも重要なことです。

ビタミンCやカロテンをしっかりと摂ることも、妊娠線を目立たなくする一方法となり得ます。

毎食1皿あるいは小鉢1つは、野菜を食べるようにしましょう。

皮膚の乾燥を防ぐために、保湿クリームを使ってお腹をマッサージするのも一方法です。

但し、お腹を刺激しない方が良いケースもあるので、必ず主治医に相談のうえで行ってください。

産後は妊娠線は目立たなくなりますが、綺麗にしたいという人は美容外科や美容皮膚科で相談すると良いでしょう。

妊娠線修復クリームを処方してもらったり、高額になりますがレーザーを当てて綺麗にするという方法もあります。