妊娠線

【妊娠線のかゆみ対策】自分でも手軽にできる4つのこと!

妊娠線はかゆくなると、「無意識のうちにかいてしまいそう」と心配になる方も多いです。

原因としては、ホルモンバランスの影響があります。

  • 乾燥肌の保湿する。
  • 衣類を気を付ける。
  • ボディーソープを気を付ける
  • マッサージをする

このようなことが妊娠腺のかゆみ対策に繋がります。

妊娠腺のかゆみ対策①-乾燥肌を保湿

おなかが大きくなるにつれて、伸びて薄くなってしまった皮膚は、乾燥しやすく妊娠線ができやすい状態になります。

乾燥した肌を保湿することが大切です。

妊娠すると乾燥肌になりやすくなる理由についてですが、、妊娠すると体の中で大きな変化が生まれ、肌の調子を整える機能が乱れてしまうからです。

普段から乾燥肌だという人は特に妊娠線の発症率が高く、簡単に妊娠線ができてしまうのです。

妊娠腺かゆみの対策としては、こまめ保湿することが大切です。

メリットとしては妊娠線のかゆみを軽減し、妊娠線を増えにくくすることが期待できます。

妊娠線のかゆみ対策の一つとしては、クリームを塗るということがあります。

クリームなら水分と油分を補えます。生まれてきた赤ちゃんにも使えますし、商品の数も多いです。

オイルを塗るのも良いですね。

肌の内部から水分が蒸発するのを防いでくれます。

風呂上がりの柔らかい肌にも向いていて、伸びが良くて広範囲に塗りやすい特徴があります。

ローションを塗ることも有効です。

ローションは、水分量が多くベタつきにくく伸びやすく広範囲に塗りやすいです。

パックをするという対策もあり、パックは水分量が多く、保湿維持力が高く、おなかにフィットします。

貼るだけで有効成分が浸透してくれますので、使い勝手が良いです。

ゆみ対策としてのクリームは添加物の配合のない妊娠線クリームを選ぶとOKです。

基礎化粧品のローション類はアルコールが入っていると消毒作用とともに脱脂作用があります。

アルコール成分が入っているものは避けることをオススメします。

妊娠腺のかゆみ対策②-肌に優しい素材を身に着ける

産前と産後は特に肌が敏感になり、少しの刺激でもかゆみが生じてしまいます。

摩擦力の大きい化学繊維のものは避け、直接触れる下着や服の素材は気をつけたほうが良いです。

シルクやコットンなどの自然素材のものは摩擦力が小さいことから擦れにくいために、かゆみが生じにくくなりかゆみの対策になります。

縫い目の部分と肌が擦れて刺激となってしまうケースもあります。

できるだけ縫い目のあまり無いものを選ぶようにしてください。

ゴムやシャーリングなどといった締め付けるものや、レースの飾りも肌を刺激してしまうので注意が必要です。

洗濯を行うときには、柔軟剤を使うと衣類の摩擦力を抑えることができるので、おすすめです。

妊娠腺のかゆみ対策③-刺激の少ないボディーソープを使って体を清潔にする

かゆみ対策のためには、蒸れてしまうこともかゆみの原因となります。

かゆみを防ぐために汗をたくさん掻いたら、入浴やシャワーを浴び、下着を替えて清潔を保つことが大切です。

妊娠中というのは、体温が上がり汗を掻きやすくなってしまいます。

汗の塩分は、皮膚を刺激して皮脂、ホコリなどで体が汚れていると雑菌が繁殖する可能性があるのです。

かゆみの原因となるので対策としては、体を清潔にすることが必要です。

体の脂汚れをすっきりと落とすボディーソープは、合成界面活性剤などの刺激の強い成分が含まれている可能性があります。

妊娠線のかゆみの対策として天然素材の石鹸を使用するか、ボディーソープを薄めて使うと良いですね。

ボディーソープの成分は、肌につくとかゆみなどの刺激を引き起こす可能性が高いです。

妊娠により、敏感になった肌には悪い影響を及ぼしてしまうことがあり注意が必要です。

低刺激と言われる弱酸性のボディーソープでもさまざまな合成素材が添付されていることもあります。

熱いお湯も皮膚を刺激して、体温が上がりかゆみがひどくなる場合があります。

38度から40度のお湯で優しく洗うことが大切です。

妊娠腺のかゆみ対策④-マッサージで柔軟な皮膚を作る

健康な皮膚は、しなやかで弾力があり柔らかくなっていますが、妊娠中の皮膚はホルモンの影響で硬くなり弾力がなくなってしまいます。

対策としてはかゆみなどの刺激に強くなる皮膚にするために、マッサージが効果的です。

妊娠が分かり五ヶ月が過ぎた辺りから、クリームを使い体の妊娠線ができやすい、

  • おなか
  • 大腿部
  • 乳房

を中心にマッサージを始めると良さそうです。

マッサージをすることによって、適度な刺激となるからで皮膚の血行が促進されていきます。

皮膚の断然や硬くなるを防ぐことができます。

マッサージをするときには、強すぎると刺激が強くなり逆効果となります。

クリームやオイルを使い手のひらで円を書くように、優しくマッサージするのがポイントです。

妊娠腺のかゆみ対策は自分で行うことができます-まとめ

妊娠線のかゆみの対策としては、乾燥した肌を保湿していくことが大切だと言えます。

保湿するときには、クリームを始めさまざまなものがあります。

自分に合ったものを選ぶようにしてください。

かゆみの対策としては、着る服を注意するだけで対策を取ることができます。

汗をしっかり流し、体を清潔にすることでかゆみを抑えることができるわけです。

そのとき使うボディーソープも、かゆみの原因になる場合がありますので注意してくださいね。

妊娠してからマッサージをすることで、皮膚を柔らかい状態にしかゆみを防ぐことができますよ。