妊娠線

【妊娠腺の塗り方】クリームを塗る効果的なタイミングを紹介!

妊娠した女性の多くが妊娠線に悩まされます。

一度できてしまうと妊娠線は消えにくいです。出産後の生活に多くの影響が出ます。

妊娠線を気にするあまり、おしゃれを楽しめなくなったり、水着を着ることを嫌い、海やプールに子供を連れて行くことができなくなったりします。

ですが、妊娠線ができる前に適切に予防しておくことで、ある程度防ぐこともできます。

この記事では、「妊娠線ができる前にクリームを塗って予防する適切な方法」について紹介していきます。

妊娠線の原因

妊娠線の対策をより理解するために、妊娠線ができる原因について紹介していきます。

妊娠線ができる原因には大きく2つの要因があります。

まず、急激にお腹が大きくなることで妊娠線ができやすくなります。

皮膚の組織は外側から、

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

という順に層をなしています。

表皮は比較的伸縮性に優れていますが、真皮や皮下組織は伸縮性に乏しいです。

妊娠時のようにあまりにもお腹が大きくなっていくとその張力に耐えることができません。

真皮や皮下組織は断裂してしまいます。この断裂が見た目として現れるのが妊娠線です。

また、妊娠中のホルモンの変化も原因として挙げられます。

妊娠状態を維持するためには様々なステロイドホルモンが必要となります。

ステロイドホルモンには女性ホルモン、成長ホルモンなどが挙げられますね。

妊娠中はこれらのホルモン量が増えます。ホルモン量が皮膚にも影響するわけです。

ステロイドホルモンの影響でコラーゲンの産生量が少なくなってしまいます。

皮膚に弾性が失われ、結果として妊娠線の発生につながってしまうのです。

妊娠線対策にはどのようなクリームを塗ればいいの?

妊娠線は腹部の膨張による張力と、コラーゲンの減少による弾性の喪失が主な原因で起こります。

腹部の膨張は妊娠している限りは避けることができません。皮膚の弾性を維持する対策を取る必要があります。

皮膚の弾性を維持するために最も必要なのは保湿です。

妊娠線対策には保湿用のクリームを使用することになります。

市販のものでも構いませんし、病院で処方してもらっても構いません。

自己判断で家庭にある塗り薬を使用して乗り切ろうとする方がいらっしゃいますが、なるべく避けましょう。

病院でもらう処方薬にも、ドラッグストアで購入する市販薬にもステロイドが含まれているものが多くあるからです。

ステロイドが含まれる塗り薬を長期的に使用すると、ステロイドによってコラーゲンの産生量が減少します。

かえって妊娠線ができやすくなってしまいます。

どういった成分が含まれているものか自分で判断がつかない場合には、自己判断で自宅にある塗り薬を妊娠線対策に使用することは避けましょう。

妊娠線対策にクリームを塗る適切なタイミングはいつなのか

妊娠線対策にクリームを塗るのに適したタイミングについて紹介していきます。

結論ですが、妊娠線対策にクリームを塗る適切なタイミングは「入浴後」です。

入浴後にクリームを塗る理由については、「皮膚表面が清潔な状態になっている」ことが挙げられます。

皮膚が汚い状態でクリームを塗ると、皮膚の奥まで浸透しにくくなります。効果が弱まってしまう恐れがあるのです。

そのため、入浴後の皮膚表面がきれいになったタイミングでクリームを塗るべきですね。

また、入浴後にクリームを塗ることで保湿効果が高まることが期待できることも理由として挙げられます。

入浴後は皮膚の組織の中に水分が豊富な状態になっています。

放置しておくと皮膚の組織内の水分が蒸発して失われてしまいます。

皮膚組織内に水分が豊富にある状態の時に、クリームを皮膚表面に塗ることで、水分が蒸発せずに皮膚組織内にとどまります。

これをモイスチャー効果といいます。

モイスチャー効果を得るためにも、入浴後にクリームを使用することが理想的なのです。

妊娠線対策で塗るクリームの量や頻度について

妊娠線対策で塗るクリームの量についてですが、チューブからクリームを人差し指の先端から第一関節までの長さ分だけ絞り出します。

手のひら2つ分ぐらいに伸ばして使用します。

クリームの使用頻度に関しては、1日3回程使用するようにしましょう。

なるべく使用間隔が均等になった方が効果が出やすいです。

  • 入浴後

といった感じで使用するようにしましょう。

妊娠腺予防クリームの効果的な塗り方を解説-まとめ

妊娠線は腹部の膨張とホルモンの影響による皮膚の弾性の低下によって引き起こされます。

一度できてしまうと、なかなか元の状態には戻りにくいです。

そのため、予防することが重要となります。

対策としては、

  • 保湿をしっかりする
  • 皮膚のうるおす
  • 弾性を保つ

ことをおすすめします。

具体的な対策としては保湿用のクリームを塗ることが効果的です。

使用するタイミングや使用量、使用頻度が妊娠線の予防効果に左右されます。

適切な方法で腹部の保湿を行うようにしましょう。

ノワーレの最安値購入はどこ?評判と効果を検証【妊娠線を消したい】ノワーレは妊娠線予防成分だけでなく、できてしまった妊娠線を消せる二大ダメージケア成分も配合している珍しい妊娠線クリームとなっています。この記事では、妊娠線を消せる珍しい妊娠線クリームのノワーレについて解説します。...