妊娠線

妊娠線と正中線は消えるのですか?【違いとケアする方法】

妊娠中、日々大きくなっていくおなかは愛しいものですが、大きくなればなるほど妊娠線というトラブルが生じます。

妊娠線とは、おなかの表面に現れる亀裂のような線のことです。

さらに、正中線と呼ばれる線が現れる人もいます。

どちらも妊娠前にはないものであるため、妊婦さんを悩ませがちです。

妊娠線とは、正中線とは、どういうものなのか。

産後に消えるものなのか。この記事で解説していきます。

妊娠線は消えなくなることもあるが正中線はほぼ消える

結論から言うと、正中線は産後に特に何もしなくても薄くなっていくのに対して妊娠線は残ります。

厳密には、残ることもあります。

妊娠線のことを便宜上「おなかの表面に現れる亀裂」と説明しました。

実際にはおなか表面の皮膚のみならず表面よりも深い部分にも亀裂が走っている状態であるため、出産したからといって自然には消えないのです。

対して、正中線は皮膚の表面に現れていて、皮膚の深層部分は傷ついていません。徐々に薄くなっていって最終的には消えることがほとんどです。

妊娠線と正中線はまったくの別物

妊娠線はおなかの下のほうに現れることが多く、おなかが大きくなるにつれて視界に入りづらくなるため、できていることに気づかない人もいます。

ところが、正中線は名前の通りにおなかの真ん中あたりに出現します。

しかも、茶褐色です。だんだん色が濃くなっていくこともあり目につきます。

「妊娠線よりも正中線のほうが気になる」という妊婦さんは多いです。

妊娠線と正中線は妊娠中に現れるという点は同じであるため混同されることもあるのですが、まったくの別物です。

注意点が少々異なることを覚えておいてください。

妊娠線を残さないためには保湿ケアが有効

妊娠線について、「おなかが大きくなる」ということは皮膚が伸びていくということでもあります。

皮膚の表層はなんとか急激な伸びについていくのですが、皮膚の深層はついていくことができません。

その結果、皮膚の表層ではなく下のほうの層が断裂します。

断裂が表面から透けて見え、皮膚の色よりも白っぽく見えたり赤紫っぽく見えたりします。

これが妊娠線の正体です。

一度断裂してしまった皮膚の層は、残念ながらもとには戻りません。

そのため、出産して体重がもとに戻ったとしても、妊娠線は消えません。

できてしまったものを消すことは難しいものの、できないように予防することはできます。

妊娠線ができないようにするためには保湿ケアが有効です。

皮膚は乾いている状態よりもうるおっている状態のほうが伸びやすくなります。

保湿してうるおいをキープすることが皮膚を伸びやすく断裂しにくい状態にもっていくことが妊娠線の予防となります。

具体的には、クリームなど保湿効果のあるケアアイテムをおなかに塗るということです。

専用の物も販売されていますし、マタニティ用でなくとも保湿効果があるクリームなら問題ありません。

ただし、つわりがある人は香料が入っている物を避けたほうがケアしやすいです。

ノワーレの最安値購入はどこ?評判と効果を検証【妊娠線を消したい】ノワーレは妊娠線予防成分だけでなく、できてしまった妊娠線を消せる二大ダメージケア成分も配合している珍しい妊娠線クリームとなっています。この記事では、妊娠線を消せる珍しい妊娠線クリームのノワーレについて解説します。...

正中線も何もしないよりは保湿ケアをしよう

続いて、正中線について説明します。

正中線は実は誰にでもあるものです。

妊娠することでホルモンバランスが変わり、濃くなってくるのだと言われています。

もともとあっても薄いので見えていないものが、ホルモンバランスが変わることで濃くなることで、視界に入るようになるということです。

生理現象の一種だと考えられています。

生理現象だろうと何だろうと気になるものは気になるわけですが、幸い、ホルモンバランスがもとに戻れば自然と薄くなります。

もとの薄さに戻るわけです。

出産したらすっと消えてなくなるというものではありません。半年から一年ほどは目視できることがあります。

赤ちゃんのお世話で忙しい思いをしているうちにいつのまにか消えていたという人がほとんどです。

しかしながら、正中線が気になる、あるいは、かゆいからといってかきむしってしまうと、自然に消えなくなるおそれがあります。

こすったりかきむしったりすると、色素沈着が起こりやすくなります。

それはもはや正中線ではありません。

シミや黒ずみであり、ホルモンバランスとは関係なく存在するものとなってしまうのです。

気になるからといっていじることのないように努めましょう。

かゆくてかいてしまうという場合は、妊娠線のケアと同じく保湿が有効です。

妊娠線と正中線の違い-まとめ

妊娠線と正中線は妊娠中にできるものという点は同じでも、まったくの別物です。

正中線は放っておいても消えるのですが、妊娠線は放置しておくと消えなくなります。

できてしまった妊娠線は消えませんが、できないように予防することは可能です。

予防に有効なのは保湿ケアになります。

保湿ケアはクリームを推奨しますがマタニティ専用の物でなくとも自分の肌に合っていれば問題なく使えるはずです。

せ妊娠線予防に保湿ケアをするなら、正中線のあたりにも塗っておくと、ついでにケアすることができます。

もちろん、正中線が気にならないなら放っておいても大丈夫です。

【妊娠腺の塗り方】クリームを塗る効果的なタイミングを紹介!妊娠線は消えにくいです。出産後の生活に多くの影響が出ます。妊娠線ができる前に適切に予防しておくことで、ある程度防ぐこともできます。この記事では、「妊娠線ができる前にクリームを塗って予防する適切な方法」について紹介していきます。...