バイアグラというED治療薬はご存知の方も多いでしょう。しかし、いざED治療薬を使うとなったら、病院へ行かないといけないのか?いえ、そんなことはありません。ED治療薬は通販でも簡単に購入することが出来ます。ただし、注意点として、偽物を取り扱っていない信頼できる通販サイトを選ぶ必要があります。詳しく見ていきましょう。

青いネクタイをする男性

ED治療のためにバイアグラが欲しいという場合、病院でドクターから処方してもらうと良いでしょう。
病院以外で購入したものは偽物の可能性がありますし、薬価の安いものは不純物が混入しているリスクなどもあります。
そのようなものを服用すると健康被害を招く恐れもあるので注意しましょう。

病院ではドクターがきちんと検査を行ってくれますし、薬の使用方法やリスクについてもきちんと説明を受けることができます。
ちなみに、バイアグラの処方は自由診療なので健康保険は適用されません。
そのため診察料や薬価は病院ごとに異なっています。

バイアグラの効果の解説

バイアグラは効果の高いED治療薬として世界で広く使われています。
もともと海外で作られた薬ですが、日本でも名前を聞いたことのある人は多いでしょう。
この薬の有効成分はシルデナフィルとなっており、国内ではシルデナフィルが25mgと50mgのものしか認可されていません。

常に陰茎が勃起した状態では日常生活に支障をきたすため、人間の体内には勃起を抑制する酵素が存在しています。
しかし、この酵素の働きが強すぎるとEDになってしまうことがあります。
バイアグラには勃起を抑制する酵素の働きを妨げるという効果があるため、勃起を促進するということです。

ちなみに、勃起のためには性的興奮を脳が感じる必要があり、脳が指令を出さない限りは勃起することがありません。
バイアグラを飲んでもずっと勃起したままになるわけではないと知っておきましょう。
また、この薬は精力剤や媚薬ではありませんし、性的な興奮を増大させる効果はありません。
あくまで血流を改善して勃起を促進するための薬であり、女性には効果がないとされています。

バイアグラの効果をしっかり得たいという場合、正しい方法で使用することが大切です。
基本的にこの薬は性行為の1時間程度前に服用しましょう。
水と一緒に飲むことがポイントであり、水がない場合は清涼飲料水でも良いということです。
脂質分が含まれる牛乳などの飲料はバイアグラの吸収を妨げる可能性があります。
また、過度のアルコールについても注意が必要です。
泥酔してしまうとバイアグラの効果が低下してしまいますし、勃起しにくくなってしまうと言われています。

バイアグラは性行為の1時間程度前に服用することが一般的ですが、効果を早めたい場合は空腹時に服用すると良いでしょう。
空腹時に服用すると成分の吸収率がアップしますし、服用して30分程度で効果が得られることもあります。

バイアグラを服用すると4時間~5時間程度効果が持続します。
1日に服用できるのは1回のみであり、次の服用までは24時間以上の間隔を空ける必要があります。
バイアグラを服用する場合は飲み合わせに注意が必要です。
薬によってはバイアグラと一緒に服用すると急激に血圧が下がってしまい、心肺停止に至る可能性もあるのできちんと確認しておきましょう。

バイアグラは頭痛の副作用が多い

バイアグラはED治療薬の中でも効果が高いと有名ですが、頭痛などの副作用が多いことを知っておきましょう。
頭痛については他のED治療薬でも起こりやすい症状です。
なぜバイアグラには頭痛の副作用があるのかということですが、ED治療薬には血流を良くするという効果があるためです。
全身の血流が良くなると血圧の上昇や血管の膨張などが起こりやすくなりますし、結果として頭痛が発生するということです。

男性器の勃起というのは血管の膨張によって起こるため、EDで悩んでいる人は薬で強制的に血流を改善する必要があります。
血流が改善することで勃起力の向上やEDの改善などといった効果を実感できるでしょう。

バイアグラは非常に強力な薬であり、量をきちんと守って飲むことが大切です。
1錠でもしっかりとした効果が得られるため、たくさん飲んでしまうのは良くありません。
過剰摂取しても効果がアップするわけではありませんし、副作用のリスクが高まるだけなので注意しましょう。
逆に1錠よりも少ない量で効果を実感できる場合もあります。
自身の身長や体重によっても変動してきますし、ピルカッターで半分に割って使用しても効果が得られるということです。

バイアグラの量を少なくすれば副作用のリスクも低下します。人によっては頭痛などの症状をほとんど感じなくなることもあるでしょう。
体質は人によって異なっているため、初めてバイアグラを使用する場合は少ない量から始めていくのがおすすめです。
効果を得られないと感じたら少しずつ量を増やしていきましょう。

バイアグラには頭痛の副作用が多いということですが、そこまで強い痛みが発生するわけではありません。
気になる場合は頭痛薬や鎮痛剤などを使用すると良いでしょう。
ドクターに処方してもらうこともできますし、ドラッグストアなどで購入できる薬と併用しても問題ありません。
頭痛薬や鎮痛剤を服用すればすぐに痛みは緩和されます。
もちろん飲まなくても日常生活に支障をきたすほどではありませんが、心配な場合は手元に用意しておきましょう。

バイアグラは空腹時に飲むことで効果が得られる薬です。
そのため頭痛の副作用が出てしまった場合は空腹時に頭痛薬を飲むことになるでしょう。
空腹時に飲むと副作用が出やすくなる薬などもあるため、胃を整える成分の入っている頭痛薬を選ぶのがおすすめです。

バイアグラは当初狭心症の治療薬として開発された

バイアグラの開発は偶然の発見から始まったとされています。
この薬はアメリカの製薬会社が開発したということですが、当初は狭心症の薬として開発が進められていました。
狭心症というのは冠動脈が狭くなって心臓を動かす血液が不足するという病気のことであり、胸の痛みや圧迫感などといった症状が発生します。
冠動脈とは心臓の表面にあって心筋の細胞に酸素を供給している血管のことであり、冠動脈が詰まってしまうと心筋梗塞が発生します。

バイアグラは狭心症の治療薬として開発されていましたが、臨床試験では狭心症への効果はあまり高くなかったということです。
そこで開発の中止が決定され、試験に使われた薬が回収されることになったのですが、なかなか回収に応じない被験者がいたのです。

その理由はこの薬を服用することで勃起しやすくなるという効果があったためです。
臨床試験によってEDの改善効果があると分かったため、バイアグラは狭心症の薬ではなくED治療薬へと研究の方向が変更されました。

バイアグラは1998年にアメリカで販売が承認されるようになりました。
日本でもかなり話題になり、1999年には販売が承認されるようになったのです。
この薬はEDで悩んでいる人にとってはかなり役立つものですが、併用が禁止される薬と一緒に飲むと健康被害が発生してしまいます。
そのため知識を持ったドクターによる処方を受けることが大切です。

バイアグラはもともと狭心症の治療薬だったのですが、狭心症の薬を服用している人が使用するのは危険であると言われています。
狭心症の治療では硝酸剤が使われることになりますが、この薬にもバイアグラと同じ血管系作用があります。
併用することで血管系作用が重複してしまいますし、副作用のリスクが高まってしまうので注意しましょう。

また、バイアグラを服用すると血圧が低下することで冠動脈の血流が不足します。
結果として心筋が酸素不足となり、狭心症の症状を発症してしまうことがあります。
狭心症を発症して過度な血液低下が発生した場合、死に至るケースもあるということです。

特に不整脈の人や低血圧の人、高血圧の人、心臓病を治療している人、腎不全の人などはリスクが高まると言われています。
バイアグラの服用によって狭心症を発症することもあるため、服用の際には注意が必要です。

記事一覧
落ち込む男性

中折れする人は血行促進作用のあるレビトラで改善させてください。 バルデナフィルを有効成分とする薬剤で...

薬のグラスの瓶

EDに悩んでいる人は、パートナーとの夜の営みを十分に楽しめないことが多いです。 症状が特に深刻な場合...

若い男性

安くバイアグラを購入するために、インターネット通販を利用しようと考える方も多くいます。 安く購入でき...

色々な薬

バイアグラは医療機関で購入される方が多いですが、ネット通販でも取り扱いしています。 個人輸入代行会社...